エンタメな歩き方

エンタメな歩き方

孤独なエンタメ好きがジャンル問わず想いを共有します。

 |   |   |   |   |   | 

【Google Adsense 会社員 税金対策】GoogleAdsenseで1000円だけ収益を得てしまい厄介な税金対策に追われる可能性のある会社員の悲しき話

はじめに

やらかしてしまった。完全に自分が責任なのだが…Google Adsenseで1000円を超える収益を発生させた上で、アカウントを解約してしまった。それが故に、年末調整のみだけではなく、追加で税金対策する必要があるようだ。たかだか1000円の収益の影響で、こんなにも厄介なことになってしまったのだ・・・切実にもうこの収益をなかったことにしてほしい…今回は、ブログでGoogle Adsenseを1000円を超える収益を受けた状態で解約してしまったが故に、追加で税金対策をする羽目になった会社員の経緯を投稿したいと思う。

 

ブログ開設・GoogleAdsenseの申請

事の発端は私が大学生の頃にブログを始めてしまったことにある。ちょうどバイトをやめ、コロナ禍で遊べるわけもなく、就活で苦戦していた日々の中で何か始めたいと思い、このブログを始めた。一文無しであった私は、ブログを収益化したいと思い、Google Adsenseを申請した。当初は申請が通ることはないと思っていたが、なんと下記の記事が軽くバズってしまい、通ることになってしまった。今思えば、ここで引き返せばよかったのである。

 

drashidnata.hatenablog.com

 

Google Adsenseの収益発生

Google Adsenseを申請してからというもの、ブログを継続し微々たる金額を着実に稼いでしまっていた。その結果、下記の画像のような収益まで来てしまったのである。

 

f:id:drashidnata115:20211023171234j:image

 

1329円という収益の発生、僕はこの時点でGoogle Adsenseを解約してしまえば、この収益はチャラになり、自分で何かしらの税金対策をする必要はなくなると思っていた。だが、現実は違った…

もともと、私は1000円の壁、8000円の壁があるのは、事前に知っていた。

  • 収益1000円達成→PINコードが発行され、振込先口座を登録できるようになる。
  • 収益8000円達成→収益が入金されるようになる。

1329円の収益のまま閉鎖すれば、収益は消失し、余計な税金対策を実施する必要はないと思っていた。だが、この認識が間違っていたのであった…

 

Google Adsenseの閉鎖

年末調整の時期が近づき、税金対策を行わないために、実際にGoogle Adsenseを閉鎖した。すると、こんなメールが届いてしまった。

 

f:id:drashidnata115:20211023172919j:image

 

え?????いやいやいや要らない要らない要らない。こんなに要らない1000円初めてだよ。悪魔の1000円。無駄な税金対策をしないといけない1000円。なんと、Google Adsenseを閉鎖すれば、1000円から8000円までの収益を獲得できてしまうのである。Google Adsenseの収益が1000円に達成する前に、辞めればよかったのである。非常に後悔してしまった。だが、まだ収益を受け取らなくてもいいという希望の光は残っている。振込口座は登録していないのである。そのため、Googleさんに思い切って下記のような質問を送ってみた。

 

f:id:drashidnata115:20211023180104j:image

 

この質問の回答次第で、税金対策を取らなくてもいいのである。なんとか収益を受け取れないという結果になってほしいものである。口座を登録していないので、収益の受け取りようがないので、良いと思うが…にしても、冷静に考えてこの質問は可笑しいですね…収益を上げるために、Google Adsenseを始めたというのに、収益を受け取りたくないというのはおかしな話である。

 

税金対策について

下記、収益を受け取らなければならないという仮定で話を進める。(もしかしたら、上記の質問からの回答で収益を受け取らなくてもよくなるのだ…どうにかそうであってほしい…)

まずGoogle Adsenseの収益は、金額に関わらずに申告が必要になるらしい。Adsenseの収益が少々なら確定申告をする必要がないらしいが、住民税の申告は必要であるらしい。

※給与所得および退職所得以外の所得の金額の合計額が20万を超えた場合は、確定申告が必要であるらしい。

※サラリーマンが会社に副業がバレてしまう原因は、住民税が変わってしまうからであるらしい。

 

※参考

・【完全版】Google Adsenseの税金対策と確定申告のやり方

web-b-tax.com

・【Google Adsense】住民税と確定申告

gcgx.games

・【2020年度版】Adsense収益の税金と確定申告

okaneba.com

 

終わりに

まだこの話は終わっていない。税金対策をする必要があるか否かは、Google様の回答次第で変わる。なんとか収益を受け取らない方向性で行きたい。厄介ごとを避けられる楽な世界線であってほしい。

振り返ると、Google Adsenseを閉鎖すること自体しなければ良かったのではないかと思う。しかし、面倒なことは避けたい人なので、この決断は正しかったと思い込みたいと思う。収益も本当に微々たるものなので…税金対策を追加で実施しなかったがゆえに、無駄に滞納した分の追加徴収税?を取られるのだけは、本当に避けたいのである。

というのも、大学生の頃、103万の給与を超えてしまい、年末調整以外何もしなかった結果、追加でかなりの金額を滞納分として取られてしまった経験があった。追加で確定申告をしないといけなかったのである…情けない。この経験があり、社会のルールは正しく理解し、損をしないアクションを取りたいと思うようになった。何も考えずに過ごしてきた22年間が少しは変わり、少しは考える人間になった。知らなかったでは済まされないのが、社会なのだ。

話は変わるが、私は税金という概念はとんでもなく嫌いだ。お金という概念そのものに対して嫌悪感を抱かざるを得ない。複雑な仕組みを理解し、それ相応の対応を取らないと、いつの間にか損する仕組みになっているのである。この社会は、頭の弱い人々が損するようにできているのである。面倒臭いことから逃げてはいけないのである。

今後、この経験を生かして、私は損しないように、税金について学び、各々の時期に見合った税金対策について調査し実践したいと思う。国が作った複雑な仕組みで、損は絶対にしたくない。リサーチすること、アクションを起こすことを面倒臭がらずにとることをここに固く誓いたい。