エンタメな歩き方

エンタメな歩き方

孤独なエンタメ好きがジャンル問わず想いを共有します。

 |   |   |   |   |   | 

【ひな誕祭 セトリ 感想】日向坂46念願の東京ドームライブ

はじめに

2022年3月30日、31日の2日間、日向坂46が東京ドームにて、「3回目のひな誕祭」を行った。私もニワカおひさまとして、両日のライブを配信にて、拝見させていただいた。今回の記事では、2公演のセトリと感想を述べていければ幸いである。

 

f:id:drashidnata115:20220331072423j:image

 

※過去の関連記事はこちらのリンクから!

▼【ひな誕祭in東京ドーム 小坂菜緒 復帰】こさかな復帰パフォーマンスについて考える

【ひな誕祭in東京ドーム 小坂菜緒 復帰】こさかな復帰パフォーマンスについて考える - エンタメな歩き方

 

▼【ひなくり2021 セトリ・感想・レポ】ひなくり2021初日(12/24・幕張)

【ひなくり2021 セトリ・感想・レポ】ひなくり2021初日(12/24・幕張) - エンタメな歩き方

 

▼ 【日向坂46 全国おひさま化計画】セトリ感想レポ

【日向坂46 全国おひさま化計画】セトリ感想レポ - エンタメな歩き方

 

 

3回目のひな誕祭 in東京ドーム Day1(3/30) セトリ

影ナレ(W佐々木)

OVERTURE
M1.ひらがなけやき
M2.キュン
MC
M3.青春の馬
M4.アディショナルタイム
M5.My fans
M6.僕たちは付き合っている
M7.ホントの時間
M8.ひらがなで恋したい
M9.ドレミソラシド
MC
M10.こんなに好きになっちゃっていいの?
M11.イマニミテイロ
M12.最前列へ
M13.君に話しておきたいこと
M14.ときめき草
M15.アザトカワイイ
M16.ソンナコトナイヨ
M17.期待していない自分
M18.君しか勝たん
M19.永遠の白線
M20.半分の記憶
M21. ってか
M22.NO WAR in the future2020
M23.誰よりも高く跳べ2020
M24.JOYFUL LOVE

EN1.約束の卵2020
MC
EN2.日向坂

 

感想

念願の約束の彼の地でのライブ。「けやき坂」時代の楽曲、「日向坂」時代の楽曲がちょうどいい塩梅でセトリに組み込まれていて、感慨深いものがあった。ひよたんは残念ながらお休みということでしたが、こさかなの復帰もあり、非常に内容の濃いライブであったのではないでだろうか。以下、特に個人的に印象に残ったシーンを振り返っていく。

OVER TUREでは、こさかなが他のメンバーと少し遅れての登場。個人的にどこかで登場してくるのではないだろうかと予想していたが、まさかの初っ端からの登場でテンションは爆上がり。髪が伸びていらっしゃいまして、また一段と"美"でしたね!

会場のボルテージが最高に温まったところで、1曲目、「ひらがなけやき」。この曲からのスタートは間違いなかったでしょう!柿崎芽実さんの親友でもあったまなふぃが大活躍!まなふぃの綺麗な歌声スタートのライブは、まなふぃニワカ推しの私にとって、嬉しすぎる演出でした。

そして、「キュン」を終えてMCへ。こさかなについて触れられましたが、なんと配信組はこさかなの声が聞こえない。機械トラブルで残念。いつかの年末のジャニーズの年越しカウントダウンコンサートにて、修二と彰が念願の復活したにも関わらず、山Pの声が聞こえないという出来事を不覚にも思い出した。

MCを終えた後は、「青春の馬」。個人的に、こさかな復帰一発目の曲は、「青春の馬」だと思っていましたが、こさかなのペースでの参加ということで、今回は見送り。次回パフォーマンスでは是非観たいと期待してしまう。曲の途中で、センターのおすしがバックステージ?まで移動してダンスを披露するという場面があったが、初見ではよく理解できなかった。が、今、思い返してみて、おそらくひよたんもバックステージ?まで移動して、おすしと共にパフォーマンスを披露するはずだったのだろうと理解した。うううう遺憾である。

さらに「My Fans」。おひさまを恋人のように寄り添っていきたいと言いながらも、キスも触れさせもしてくれないというアイドルとファンの関係を表現しているこの曲。捻くれた解釈だと、アイドルにとってファンは金蔓でしかないから、触れさせもましてや、キスなんてさせないという関係が垣間見える。そりゃそうだよな…夢見させてくれますけど、本当に夢見るなって話ですやな。

何曲か披露した後、「ホントの時間」。この曲をいつも聴いていると思うのだが、歌詞に出てくる"現国の授業"とは、現代国際社会の授業なのか、現代国語なのかどちらなのか何故か疑問に思ってしまう。皆さんはどう思うでしょうか?

そして、「ソンナコトナイヨ」でみーぱんがステージ上からいなくなるという特殊な事態が起きた。次の曲、みーぱんセンターの「期待していない自分」でも、不在。これは演出ではないハプニングだと理解した私は、そこからみーぱんの心配で仕方なくなった。

お気に入り曲「永遠の白線」で、みーぱんが再登場していたが、フラフラになっている一幕があり、私はハラハラした。続いての「半分の記憶」もそうだが、衣装も演出もセットも過去の武道館?のパフォーマンスを彷彿とさせるもので感慨深かった。

書き忘れていたが、「君しか勝たん」でのかとしがKTダンスを披露していて、ひなあいでの伏線をちゃんと回収していて、さすがのプロ意識と思ってしまった。

そして、「誰よりも高く跳べ」「JOYFUL LOVE」「約束の卵」とエモい曲が続きフィナーレを迎える中、最後を締めくくる「日向坂」。最高だと思った矢先、今回もこの方で少々引いてしまった。影山さん。1人だけテンションが違って、他メンバーも若干引いていた気がする。学校の文化祭のように、顔にハートの飾りをつけて、はしゃいでいて、少々怖かった。

最後にホラーがありましたが、全体的に最高な内容であった。2日目も配信で楽しみたいと思う。そして、何よりメンバーが笑顔で怪我なく無事にライブを終えることを祈って…

 

3回目のひな誕祭 in東京ドーム Day2(3/31) セトリ

影ナレ(かとし、きょんこ)

OVERTURE
M1.キュン
M2.ドレミソラシド
MC
M3.おいで夏の境界線
M4.キツネ
M5.ハッピーオーラ
M6.窓を開けなくても
M7.こんなに好きになっちゃっていいの?
M8.抱きしめてやる
MC
M9.こんな整列を誰がさせるのか?
M10.My god
M11.Dash & Rush
M12.未熟な怒り
M13.この夏をジャムにしよう
M14.Right?
M15.それでも歩いている
M16.アザトカワイイ
M17.ソンナコトナイヨ
M18.期待していない自分
M19.君しか勝たん
M20.永遠の白線
M21.半分の記憶
M22.ってか
M23.NO WAR in the future 2020
M24.誰よりも高く跳べ 2020
M25.JOYFUL LOVE

EN1.僕なんか
MC
EN2.日向坂

MC

WEN1.約束の卵 2020

 

感想

1日目とはかなり違う内容のセトリということで、驚き。シングル曲、表題曲に関しては、1日目とは変わらず披露するものの、アルバム曲、カップリング曲に関しては、違う内容でお届けする形になっていた。1日目も2日目も見逃せない内容となっている。以下、特に印象に残ったシーンを振り返っていく。

まずは、「おいで夏の境界線」。キラキラ青春ソングと勝手に位置付けている。個人的にも結構な頻度で聴いていたので、大変嬉しかった。改めて爽やかなこの曲が好きになった。

そして、その調子でライブで盛り上がること間違いなしの「キツネ」。ひなちゃんの煽りが物凄くて、感動した。自分も逃げずに頑張ろうと思った。ありがとうございました。途中でジャンプアップで登場する姿もカッコよく虜になったおひさまも多くいるのではないでしょうか?

「窓を開けなくても」「抱きしめてやる」といった普段のライブではなかなか披露されない曲も聞けてエモい感情になっている中…

1期生、2期生、3期生楽曲のラッシュ。「My god」「未熟な怒り」「この夏をジャムにしよう」などなど、個人的お気に入り曲が続く中、特に"東京ドームをジャムにしよう"の煽りは、印象深く残っている。このような王道のアイドルのキュートな曲が増えていってもらえると幸いである。

「それでも歩いてる」人生の歌。けやき坂時代の人生を謳った大切な楽曲で、あの演出は涙腺をやられたおひさまが多いの確実であろう。途中、メンバー1人1人が椅子を持ち出して並べる演出があるのだが、余分に3脚の椅子を並べているのであった。これはけやき坂時代の苦楽を共に過ごした井口眞緒さん、柿崎芽実さん、長濱ねるさんを表していると容易に理解できる。卒業されたとしても、大切な仲間。"それぞれが違う道を選んで人生を歩んでいくだろうけど、決してけやき時代の思い出は色褪せない"というような深いメッセージ性を感じた。(個人的なニワカな浅い解釈ですみません)

続いて、昨日ハプニングがあった「期待していない自分」。みーぱんが堂々とセンターされていて、本当に安堵した。理想と現実に葛藤しながら、何かを待ちながら生きていくというような人生を謳った曲だと勝手に解釈しており、非常にお気に入りの曲。個人的な辛かった過去とリンクするの歌詞にも何度励まされたことか。今後もこの曲にはお世話になるのであろう。

そしてそして何より、新曲7thシングル「僕なんか」。ネガティブなタイトルで、また今までの日向坂の楽曲とは雰囲気の違う楽曲で、歌詞がまた刺さる。まだ全然歌詞やメロディーを追えていないので、あまり感想が言えないが、シングルの中でトップクラスで好きになりそうな予感がしている。

センターがこさかなということで、体調の方で心配があるが、やはり日向坂のセンターはこさかなだとよりしっくり来るなと感じてしまった。それだけのオーラと表現力というのがあるのだろうと思う。今回の新曲の世界観とこさかなの性質もマッチしているのだろうと勝手に思っている。

 

最後に

今回のひな誕祭は、けやき坂時代の楽曲、日向坂時代の楽曲をボリューミーに織り交ぜたメモリアルなライブであったのではないでしょうか。1日目は特に「ひらがなけやき」で始まり、「日向坂」で終わるライブで、より一層エモい感情を掻き立てられ、多くのおひさまが涙したことと思う。

1日目と2日目のライブ内容が違ったこと、何より2日目に新曲を持ってきてしまったことで、どうしても2日目の方が充実していると感じてしまうファンがいても仕方ないと思われる。全国おひさま化計画、ひなくり2021の際にも申し上げた通り、同じ金額を払ってきているので、なるべく不平等感は排除したほうがいい。ここは課題となってくるのだろうと思われる。

以上、つらつらと長い駄文にお付き合いいただきありがとうございます。日向坂の皆さんの勇姿を見届けられて、自分自身心新たに現実と向き合いたいと思う。本当に心の支えになっている。伝えたい気持ちは感謝の気持ち。日向坂の皆さんが葛藤しながら、希望を歌ってくれているおかげで、自分はそれをモチベーションに生きていけている。

 

#ありがとう日向坂

#今後もお世話になります日向坂