エンタメな歩き方

エンタメな歩き方

孤独なエンタメ好きがジャンル問わず想いを共有します。

 |   |   |   |   |   | 

【ワンピース OP ココロのちず 魅力】ココロのちず良すぎる件について

アニメ主題歌は神曲多い

アニメの主題歌は神曲が多い。アニメニワカである私でも、アニメの主題歌の魅力はそれなりには感じていると思われる。ナルトの「ブルーバード」ハガレンの「メリッサ」マギの「瞬く星の下で」七つの大罪の「熱情のスペクトラムアイシールド21の「Innocence」などなど…数え出したらキリがない。(ニワカ目線なので、有名どころばかりで大変申し訳ないが…)詳細に関しては下記の記事を参照ください。

【おすすめ アニソン】ニワカ厳選 個人的オススメアニソン - エンタメな歩き方

そんな中でも、今回は、2022/01/25現時点で個人的に最高だと思っている楽曲「ココロのちず」について紹介したいと思う。

 

「ココロのちず」の魅力

①麦わらの一味キャラの特徴が一目で分かる冒頭20秒

冒頭でもう心打たれる。たったの20秒ほどのカットで麦わらの一味1人1人のキャラが分かる。ここの表現力は凄まじい。空から麦わらのキャラ一人一人が落ちていく描写であるのだが、ルフィはワクワクしながら、ゾロは寝ながら、チョッパーやウソップは怖がりながら、ロビンは華麗に舞いながら…ここの落ち方という描写のみで麦わらの一味のキャラ全員の特徴を描いてしまうのだ。

 

②映像と曲のシンクロニシティが半端ない。

主題歌として使われていた時期のワンピースのストーリーとしては、下記の通りである。

  • フォクシー海賊団編
  • 海軍大将青雉との戦闘
  • ウォーターセブン編(フランキー一家、ガレーラカンパニー社員との出会い、ルフィvsウソップ)

一見すると、エニエス・ロビー編の前ということで、嵐の前の静けさ的なストーリーで地味だと思われる方も多数いらっしゃるであろう。しかし、個人的には、主題歌と共に流れるオープニング映像に関しては、名場面が多く使われていると思う。

  • 麦わらの一味の普段の航海の様子
  • サビでの青雉vsルフィの一騎打ち
  • ウォーターセブンの街並みを高く飛び回るカクのダイナミックなシーン
  • ウソップvsルフィの決戦での排除(リジェクト)

名場面をアップテンポな曲をBGMにして爽快に駆け抜けるので、本当に見ていて気持ちが良い。

 

③思い出補正

個人的な要因ではあるが…幼少期に面白いと思ったものに対する印象は物凄く強い。(オードリーがキン肉マンを執拗に好んでいたり、爆笑問題ドカベンを執拗に好んでいたり、有吉さんがプロレスを執拗に好んでいたりなど、懐かしいものに対して、人は暑くなる傾向があるのでしょう。)キャプテンEOについて振り返る記事も書いているので、是非ご覧下さい。

【キャプテンEO 魅力】未だにキャプテンEOを忘れられない - エンタメな歩き方

ワンピースは、幼い頃から馴染みのある作品なので、熱の入り具合は少々異常かもしれない。少なくとも、どの作品よりも好んで頻繁に読んでいたら見ているので、その気持ちも乗っかっているのかもしれない。

 

最後に

ワンピースは、私の人生のバイブルの作品である。アニメは原作の質を少々下げると思っているので、当分観ていない。だが、しかし、子供の頃のフジテレビの日曜午前9:30?からのワンピースは毎回見ていたなとノスタルジーを勝手に感じた。その記憶の中で、「ココロのちず」は、格別に良いのではないかと思っている。皆さんも是非一度、ご視聴お願い致します。

※ワンピース関連の報告として、今度、最終回まで向けて残っている謎を考察する回をやっていこうと思う。辛いけど、コツコツと電車の中でツラツラ書き連ねたいと思う。